加齢臭対策は男性だけでなく女性も行うべき

加齢臭のイメージが強いのは男性です。一方女性は体臭や加齢臭はそこまできつくない、というイメージが定着していますが男女問わず加齢臭は起こります。そもそも加齢臭が起こる原因というのは分泌された皮脂が皮膚にいる菌によって分解されて、ノネナールという臭いの元が生成されることにあります。男性であれ、女性であれ皮脂は分泌されるものですので加齢臭という観点から見るとあまり違いは無いといえます。

 

ではどうして女性にはあまり加齢臭のイメージがないのかというと、香りの強いシャンプーやボディソープを使っている方が多く、また体臭に気を使ってデオドラントスプレーなどを常用している方が多いからだと考えられます。

 

40代以降は特に注意

女性の体臭や加齢臭が一気に強くなり始めるタイミングとして40代が挙げられます。これまではほとんど体臭が気にならなかったのに、40代を境に加齢臭がするようになった、臭いが気になるようになった、他人に指摘されるようになったという人が多いです。
これは更年期などホルモンバランスの乱れが直接的な原因だと考えられています。女性ホルモンの分泌量が低下することによって男性ホルモンが多く分泌されるようになり、これによって皮脂腺が刺激されてより多くの皮脂が分泌されるようになります。先程紹介した通り皮脂が分解される過程でノネナールという臭いの原因が生成されるわけですので相対的に加齢臭が強くなるわけです。

 

女性にもプラスデオがおすすめ

加齢臭対策用の石鹸は男性向けのものが多いです。そのため女性向けのものを探すことが大変なのですが、プラスデオは男女問わず利用できるのでおすすめです。
男性向けの石鹸だと洗浄力が強すぎたり、香りが好みでなかったりするケースも多いのですが、プラスデオは誰でも優しく体を洗える、そしてドイツの「ケルンの水」と呼ばれるさわやかなシトラスの香りになっています。夫婦やカップルで利用することを前提として購入している方たちも多いです。